英語対応(多言語対応)のサイトで該当ページにリンクを張る方法

最終更新日: 公開日: 2022年01月

企業のサイトで日本語以外に英語など他の言語でもページを作っているケースがある.
その場合に特に日本人が日本語ページから問い合わせをしようとして,住所で都道府県が入力できないなどの問題が起こることがある.
特に郵便番号で強制的に住所が代入される場合などに起こる.

そのような場合に簡単にその日本語ページに該当する英語ページに飛べるリンクを作る方法を紹介する.
全部の日本語ページに HTML で書き込むとページ数によってはメンテナンスが大変なことになる.

1対1対応

日本語と英語とで対応するページが存在する場合

ちょっと条件がある.
日本語と英語のディレクトリ構造が一緒でルートディレクトリだけが変わる場合に使える方法である.

例えば,日本語のページは
https://www.xxxxxxx.co.jp/
の下に存在したとして,英語ページが
https://www.xxxxxxx.co.jp/en/
の下に存在する場合.
また,
https://www.xxxxxxx.co.jp/products/

https://www.xxxxxxx.co.jp/en/products/
などのように対応している場合は対応している全てのページに以下のスクリプトを入れることにより,簡単に別言語の対応ページに飛ばすリンクを作成することが可能になる.

該当ページへ飛ばすリンクを自動作成するコード

<a onclick="url = location.protocol + '//' + location.hostname + '/en' + location.pathname + location.search;location.href = url; return false;" href="">
  日本国外の方はこちらの英語ページでお問い合わせください.
</a>

関連ページ

 

Contact

ご質問等ありましたら,下のフォームからお願いします.

 
   
contact
Pagetop